雀魂のキャラと契約するのって無課金ではほぼ無理なんじゃね?

雀魂が流行っているというのでなんとなく遊んでいたのですが、ぼんやりとした目標として「キャラと契約する」というのを意識していました。

私はあまり課金する気はありませんので、無課金でも使用できる初期キャラの色っぽいおねーさんのほうで、絆レベルというのを高めていき、契約時に必要となる素材というのもイベントなどで入手したら残しておくようにしておりました。

ところが、真面目に調べてみましたところ、「願いの石」という素材を入手するためには、どうやら課金しなくてはほぼダメらしいということがわかりました。

※参考にさせていただいたページ↓(外部サイトへのリンクです)

雀魂でキャラクターと契約するには?契約するまでの流れや素材の入手方法をレポします
本記事では雀魂におけるキャラクターとの契約について、および契約に必要な素材アイテムの入手方法をまとめており、最後に実際に契約に至るまでの流れを筆者の実体験をもとにレポートしたいと思います。   目次 1 キャラクターとの契約とは?

 

必要な数は10個で、4320円ほど課金すると一度だけ10個もらえるらしいのですが・・・。まぁ・・・別にそれぐらいの金額なら課金してもいいけど、しなくても別に麻雀は遊べるわけで。

どうしてもそのキャラと契約して、着せ替えやらスタンプやらボイスやらを楽しみたいという気持ちは、私にはそれほど無いわけでして(^_^;)

 

途中までは良かったんですよ。

対戦時に絆ポイントを得られたり、もらったアイテムをプレゼントして絆レベルが上がるとテキストやボイスが開放されたりして、いずれは契約するという目標を達成できるものだと思っていましたから、それなりに楽しかったわけです。

完全無料で遊ばせていただくのもすこし心苦しいので、一度だけ開運御守というのを購入しました(1000円以下)が、それでコツコツ得たポイントだかなんだかで祈願という名のガチャを回して、「キャラが当たるかも?」などとちょっと期待はすれどすべてハズレをひき・・・あとから提供確率をチェックしてみてあまりの低さにドン引きし・・・。

っていうかさー。願いの石の入手方法ってさっきの方法(4320円課金)以外だとキャラが重複した時に75個もらえるのと、信仰ポイントというのと交換ということらしいんですが。

開運御守でもらえるポイントで祈願(ガチャ)を10回すると、信仰ポイントが10もらえるんですね。

で、願いの石1つは信仰ポイント1と交換できるので・・・あれ?もしかして私ってばすでに契約できるんじゃね?

 

と思ったら他の素材がまだすこし揃っていませんでした(^_^;)

願いの石以外の素材はイベントなどで入手可能(ランダム要素ありなので運次第ですが)なので、のんびり気長に揃えていけばいいわけですね。

ということは、初期キャラと契約をしたい場合は、開運御守を一回だけ購入して毎日ログインしてポイントを入手し、他の素材や絆ポイントは頑張って集めるということをすればなんとかなる、と。

 

実はこの記事は書き始める前の段階ではこう考えていました。

「ガチャでキャラが重複するのにいったいどれだけ課金すりゃいいんだよ。別にそうまでして着せ替えやら専用ボイスやらほしくないわい。エゲツないまねすんじゃねー!他のガチャゲーと同じく人を騙して集金するシステムじゃねーかよ!すべてあばいてグチャグチャにしてやろーかこのクソが!」

 

・・・的なことを書こうとしていたんですが、どうやら私の勘違いだったみたいですね。初期キャラとはいえ1000円たらずの金額 + 自助努力でそこまで遊ばせてもらえるならむしろ良心的かと思います。運が良ければガチャが当たって他のキャラを入手できる可能性もすこしあるし・・・でもまぁ、提供確率5%っていうのがどうにも・・・。

まぁ、いいでしょう。

課金しまくってしまう人は自己責任ですしね。

 

ちなみにですが、私は初期キャラのうち色っぽいおねーさんのほうの絆レベルを上げきって願いの石以外の素材もそこそこ揃えたのち、願いの石の入手に大量の課金が必要らしいと勘違いしてしまいましたので、じゃあ契約はしなくてもいいかな、ともう一人の猫耳キャラのほうの絆レベルを上げるという脱線をしていたわけですが、その時にうっかりおねーさんのために残しておいた素材を猫耳さんにプレゼントしていまったという・・・いや、契約できないなら別にもういらないのかなと思ってしまったので・・・だから素材が足りなかったわけで、それさえあればこの記事のために調べ物をしている途中で契約できることに気づいて契約できたはずでした(´;ω;`)

なにやってんだ私わー

ちょっと何言ってるかわかんないかもしれませんが、要するに早とちりしてドジったことに気づいたんです。

こんな記事を書こうとしなければそんな目に合わずに済んだのにw

しゃーないね。私も自業自得ですわ

 

記事をお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました